美容整形ってどれくらい痛いのか

痛みは人それぞれ感じる状態が違うので、ほかの人は痛いからといって自分はどれほど痛いかというのは計り知れません。

手術中は麻酔をして痛みを軽減するのが普通ですが、それでも痛いと感じる人からまったく平気と感じる人まで千差万別です。

では、美容整形には様々な手術がありますが、果たしてどれくらい痛みがあるのでしょうか。

美容整形の価値ある情報を探してみてください。

まず、一般的な二重まぶたの美容整形ですが、糸で数箇所結ぶ埋没法は鈍痛が続き程度ですが、切開法は1~2週間程度晴れが残る上に痛みも強いようです。
鼻を高くする美容整形はプロテーゼというシリコンを鼻に入れる方法ですが、術後は顔全体が痛くなったり触ると激痛が走ると言われているようです。

人気の高い脂肪吸引は、二の腕や顔などの脂肪の少ない部位より、お尻や太ももなどの脂肪が多い部分の方が痛みが強く感じることが多く、痛みの度合いは筋肉痛のようなものから、息をするのも辛いくらいの激痛など様々ですが、クリニックの医師の技術力によっても異なるでしょう。
豊胸術は、特にシリコンバッグ法が痛みは生じることが多く、シリコンは人体にとって異物であるためその反応として腫れや痛みが出てくる場合が多いようです。

本当のNAVERまとめの情報もあります。

顎や輪郭を変える整形術は、大掛かりであることから術中は麻酔が効いて痛くなくても、術後は痛み止めを使用して緩和させなければならないくらい痛くなるようです。

骨折や病気の治療の際の手術であっても術後は痛みがあるわけですから、見た目を変える美容整形も同じく痛みがあるのは当然だと言えます。



また、事前にカウンセリングを受けた際に、術後の痛みについてもしっかりと説明を受けるようにしましょう。