一日で葬式を終わらせる

main-img

最近では家族葬と呼ばれる小規模な葬式が人気です、昔は最後の儀式なので盛大にしなければいけないという考えもありましたが今ではそうではなく故人のごく親しい人と友人だけで集まって最後のお別れをするのがいいという方もいます。
最近ではさらに簡略化した一日葬というものもあります。
通常葬式の前には通夜をするものですがそれも一緒にしてしまうというものです。こちらのプランは喪主が高齢であったり親族も高齢であまり長旅をさせたくない場合に利用されています。

昔ならあまりこのようなプランを利用する方はいませんでしたが今では結構多くの方が利用しています。


さらに簡略化したプランもあり、火葬だけをするものもあります。火葬だけといっても最後のお別れはできます。

葬式について知りたいならこのサイトです。

葬式をしないだけのプランですが喪主の負担をさらに減らすために考えられたプランです。
勿論故人の遺志によってされている場合もあります。



どのプランにするかはその人の考え次第ですし安いプランだとよくないということはありません。逆に派手なものもよくないということはありませんし無理なく利用できるプランを選ぶといいでしょう。一日で葬式を終わらせるプランでもきちんと祭壇も用意されています、花の数はオプションによって増やすこともできますので予算に合わせて決めてください。
こうでなければいけないということはありません。



大事なのは故人を偲ぶ心であり葬式の値段で決まるものではありません。

葬式関係の真実

subpage01

参列者の人数に合わせて、どの形式のお葬式を行うかを決める方法もあります。参列者の人数が多くなればなるほど、葬儀の規模は大きくなります。...

more

葬式の特徴

subpage02

仏式の一般的なお葬式の場合、僧侶が入場することで告別式が始まります。時間は約1時間くらいで、社葬になると1時間半くらい時間がかかります。...

more

葬式関係の情報

subpage03

葬式の時にはどのような服装をすればいいのでしょうか。基本的には男女ともにブラックフォーマルになりますが細かなマナーもあるのでそちらにも注目してください。...

more

葬式の実態

subpage04

お葬式に参列したことはあるけれども、自分が準備する立場になったことはない、という人が喪主の70%を占めます。喪主はお葬式の最高責任者として、すべてを決定していかなければなりません。...

more