葬式の時の服装について - はじめてのお葬式で気をつけること

葬式の時の服装について

subpage01

葬式の時にはどのような服装をすればいいのでしょうか。
基本的には男女ともにブラックフォーマルになりますが細かなマナーもあるのでそちらにも注目してください。

まず男性の場合はシャツは黒でネクタイも黒にする必要があります。カフスや時計は派手なものは使わないようにしてください。

最先端の葬式ってとにかくお勧めなんです。

女性の場合ですが昔は親族は和装の喪服を着用しなければいけないといマナーがありましたが今では洋服でも問題ありません。
洋服の場合はフォーマルとして販売されているものがいいのですがスカートの丈は短すぎず長すぎない膝が隠れる程度のものを選ぶようにしてください。

靴はパンプスがいいのですがヒールの高さは三センチから五センチくらいが適当です。
アクセサリーに関しては結婚指輪以外はつけてはいけません。


どうしてもつけたい場合は真珠のネックレスのみ許容されています。そしてバッグは黒の布のものが基本ですが革製のものでも光沢がなく金属の留め金のついていなもしか使えません。



髪飾りなども黒が基本で光沢のないものを使うようにしなければいけません。

化粧はできるだけ薄く、マニキュアも使わないようにしてください。

葬式の時はマナーを守らなければ非常識な人だと思われてしまいます。
ちなみに通夜のときは喪服を着用するといけないといわれていましたが今では葬式のかわりに通夜に参加する方もいるので喪服を着用するのも許容されています。

喪服を着用しない場合でもできるだけ黒い服を着用するようにしてください。